カードローンの審査で確認されるのはどんなこと?

未分類

カードローンの審査で確認されるのはキャリア及び今の稼ぎですが、過去の借入が問題になることも往々にしてあります。過去にお金を借りていたことは、全国銀行協会やCICなどで確認できますので、騙そうとしても無駄だと言えます。
もし、今現在自分のステータスに自身がないという場合にはまずはキャリアの形成をすることが大切かもしれません。キャッシングの申込方法の中で、人気No.1はインターネットを使った申し込みだと聞いています。キャッシング申込から審査結果の確認、身分を証明する書類の提出まで、全部ネットを通して行なえるようになっています。
消費者金融でお金を借りるという時でも、借り入れの金額によっては収入証明書を省くことができます。全国展開している消費者金融なら、おおむね50万円までの借入ならば、準備しなくても良いようです。そこで、今回はそういった内容を中心に、カードローンの知識や豆知識について解説していきたいと思います。

現在の状況を適切に把握することが重要

今の状況で、「自分がカードローンの審査をパスできるかどうか」心配ですよね。そのような方に向けて、「審査でNGになりやすい人の特性」というものをお伝えします。
無利息期間を30日と定めているキャッシング会社が多数派ですが、例外的なものとして1週間という期間設定にする代わりに、借金を完済したら翌月以降同じ様に無利息で借り入れ可能になるところもあります。よく知られている金融機関が取り扱うカードローンの過半数が、画期的な即日融資が可能となっており、申し込み手続きを完了した当日に限度額内でお金を借りることが可能なのです。
総量規制により規制が掛かるのは、一個人が借金をするという時です。その為、一個人が事業資金として借入れる場合は、総量規制の対象からは外れます。
生まれて初めてお金を用立ててもらおうというような人だったら、さすがに年収の1/3を越すような借入を申し込むことはないと思うので、手続きを進める中で総量規制に引っかかるという心配は無用です。

私自身、総量規制の心配があるのに金を借り入れることが実際にできました。そのときに注意したのはなんと言っても借入金額をできる限り低めに抑えるということです。低めというのは人によって基準が変わると思いますが、一般的には10万円以下と思ってもらったら良いと思います。

なぜ金額は安めの方が借り入れしやすいか?というと、それは単純で貸す側も貸し倒れのリスクを最低限に抑えることができるからです。希望額を低めに下からと言って審査に通りやすくなるか?というとそういうわけでもないのですが、目視による審査の場合には気持ち通りやすくなるような感じがします。

銀行は収入証明書提出の必要あり!

収入証明書を取得しなければならないぶん、銀行以上に消費者金融の方が審査が厳しいと言えます。なので、大きな額の貸付を受けたいというなら、銀行に行った方が賢い選択と言えるでしょう。
既婚者である方が、家族を養育しているという意味で信用力の評価向上につながるといった傾向にありますが、そうしたカードローンの審査の基準をそれなりに知っておくと、何かと有利です。カードローンの審査でチェックされる部分は、安定的な給料を得ているかどうかです。審査は段々厳しさを増してきており、アルバイトしかやっていない人などは審査で落とされるケースが多いと聞いています。

安定収入というのは年金などを含まないというのも注意したいポイントです。高齢者の場合には年金だけで生活をしている人も多いと思いますが、そういった場合にはなかなか借り入れしづらい状況が近年の傾向になっていると言えるでしょう。ただ、高齢者であっても土地などを持っている場合には何も問題なくお金をかりることが可能であるケースも多いです。その理由としては、土地を担保にいれることができるからです。このように、担保に入れられる資産や有形固定資産などがある場合にはかなり借り入れできる可能性は高くなると考えていいでしょう。
おまとめローンを申し込む目的は、高金利の金融事業者より低金利の金融事業者にシフトすることで、毎月の返済を軽減すると同時に、支払総額の減額を具体化するということだと言えます。

まとめ

カードローンの借り換えにおいては、金利がどのくらい低いかも重要なポイントですが、そのことよりも余裕を持った貸付をしてくれるかどうかが肝心だということです。
いくら借りるのかにより違ってきますが、年利3%という低金利で融資してくれる銀行も存在しているのです。ただ、これはあくまでも借り入れする金額によります。一般に人々が生活資金として借り入れする場合には、10万円程度でしょう。このように小さな金額の場合にはなかなか安い金額で借り入れすることは難しいと言えるでしょう。ではどれくらいの金利なのか?というと、これも状況によって変わってきますがだいたい18%程度だと思っておくといいでしょう。返済の方も、フリーローンを利用するなら銀行口座からの自動引き落としですので、まったく手間がかかりません。
四六時中即日融資サービスで貸し付けてもらえるわけではないのをご存じでしょうか。半数以上の業者は平日の14時になる前に手続きを済ませないと、申込申請した日に現金を手に入れることはできないので要注意です。

コメント